ははこぐさのブログ 

ははこぐさ鍼灸治療室、ははこぐさの会・ベビマ教室@三鷹 

乳腺炎と鍼灸治療

ははこぐさの奥山まりです。

 

ははこぐさ鍼灸治療室の方は、子連れ大歓迎です!

赤ちゃんが遊べるスペースを確保したり、バウンサーもあります。

ははこぐさの奥山は治療しながらスリング抱っこも致します!

少し大きくなった子は、おもちゃや絵本の和室のお部屋を準備。

ははこぐさのおもちゃを楽しみにしている子もいて嬉しい限りです( ^∀^)

 

家族連れでいらして、治療中家族にお子さんをみてもらってもOK

食事など持ち込んでもらってOK

子連れで治療に行けずお困りの際は、ぜひご相談くださいね。

 

治療室には、産後のママたちもたくさんきます。

そして、特に多いのが「乳腺炎!」

 

私も病院助産師勤務時代は、たくさんのママたちの乳房ケアをしてきました。

乳腺炎はおっぱいの生活習慣病と呼ばれるぐらい

そのかたの生活や体質などによって繰り返しやすかったりします。

なかには、お産より辛いと感じる方もいるのです。

 

そこで私のおすすめなのが鍼灸治療と乳房ケアの併用です。

助産師時代は、乳房ケアをしながら

「はりとお灸したらもっとすぐに改善するのになぁ・・・」

うっうっうっ…といつもいつも思っていました。

 

今は、はれて開業していますので、

乳腺炎の方にははじめ乳房の状態と分泌状況を確認して

思う存分!!全身の鍼灸治療を行っています。

 

治療をしていると、乳腺炎の繰り返しやすい方は共通して

首・肩・背中の凝りがひどい

さらに胃腸のめぐりが悪い

体の冷えが進行している・・・・

あります。

それを東洋医学的に全身を見て判断して鍼灸治療を行います。

助産師時代にたくさんの乳腺炎の方のみてきた経験が、今大変役に立っています。

若い頃の苦労が、経験となって、西洋医学東洋医学の両方から

総合的に身体をみれるようになりました。

若い頃のガムシャラに働くことも今のためには必要だったのだと日々懐かしく思い出されます。

でも体はボロボロでしたが。。。若い日々の自分に鍼灸をやってあげたい(笑)

 

 

患者さんには自宅でのセルフケアのお灸やクレイ湿布の併用もお伝えします。

そうすると、毎月乳腺炎を繰り返していた方が、乳腺炎の症状に悩まなくなったり

乳腺炎の改善だけでなく、全身治療を行うので、体のめぐりがよくなって

元気になってきた!と声をいただきます。

先日も、鍼灸治療をしたら、夜には乳房の痛み・発赤もなくなり

体調も回復しましたと嬉しいご連絡がありました。

 

乳腺炎に、全身の鍼灸治療のケアを併用することで、体の根本から

改善していきます。

 

乳腺炎を繰り返し、辛い思いをしている方は、

助産師・鍼灸師のケアを一度受けてみてください。

まずはシンプルな鍼灸ケアがおすすめです。

体の冷えがひどい時は、よもぎ蒸しとの併用もおすすめです。

reserva.be

 

奥山まりが執筆している乳腺炎や乳房ケアに関するコラムはこちらです!

ぜひ合わせてご覧ください( ◠‿◠ )

itmama.jp

itmama.jp

itmama.jp

 

乳腺炎

助産

#ははこぐさ鍼灸治療室